企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」 すみだ北斎美術館、12月21日から22年2月27日まで

すみだ北斎美術館 企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」

 

 江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の作品を収蔵する「すみだ北斎美術館」(東京都墨田区)は、北斎や弟子らが描いた歴史上の人物や事件の作品を集めて展示する「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」展を12月21日(火)〜2022年2月27日(日)に開催する。

 企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」は、主に高等学校の日本史の授業で登場する人物や事件を中心に、神話の時代から安土・桃山時代、そして北斎の生きた江戸時代の歴史的事象が描かれた作品や、弟子が描いた明治時代の錦絵までを展示する。

 すみだ北斎美術館によると、見どころは北斎らの作品とともに、作品が描かれた江戸時代当時の歴史観に触れることができ、武田信玄や徳川家康らも登場する有名な歴史的場面の作品を、用語やポイント解説付きで楽しめる点だという。

 また同館学芸員よると、「このほか、紫式部や源頼朝、楠木正成など、どこかで名前を聞いたことがある、“あの人”も作品に登場します。今までイメージしていた人物像と比べて、北斎を身近に感じていただけると幸いです」と、している。

 観覧料は一般1000円、高校生・大学生700円、65歳以上700円、中学生300円、障がい者300円、小学生以下は無料。開館時間は午前9時30分~午後5時30分。

 

・公式サイト:https://hokusai-museum.jp/hokusaidenihonshi/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社