「第5回JAPANコンストラクション国際賞」を募集 新たに特別賞(先駆的事業活動部門)設置、国土交通省

国土交通省 「第5回JAPANコンストラクション国際賞」募集

 

 国土交通省は、日本の強みを発揮した海外建設プロジェクトと、海外で実績がある優れた中堅・中小建設関連企業を表彰する「第5回JAPANコンストラクション国際賞(国土交通大臣表彰)」の2022年度対象企業を募集している。締め切りは2022年1月17日。募集要項など詳細は、国交省ホームページ内のサイトから。

 募集は「建設プロジェクト部門」「中堅・中小建設企業部門」と、第5回を記念して新設した「特別賞(先駆的事業活動部門)」。建設プロジェクト部門は、2015年度から2020年度までに完工した、日本企業が施工などで参加した海外建設プロジェクトが対象。中堅・中小建設企業部門は、海外で建設などの事業活動をしている日本の中堅・中小建設関連企業が対象。特別賞(先駆的事業活動部門)は、研究開発事業や人材育成事業など、「質の高いインフラ」の実現に貢献する法人や学術機関の事業活動が対象だ。

 選考は有識者らで構成する「海外インフラ展開に関する表彰についての検討・審査委員会」(委員長=森地茂・政策研究大学院客員教授)が、審査基準にのっとり総合的に評価して選考するという。

 表彰されたプロジェクトについては、国交省の広報事業の中で紹介するほか、受賞企業は求人活動、営業活動などで活用することができる。

 同国際賞は過去4回実施しており、今年発表された第4回では、「建設プロジェクト部門」にパプアニューギニアでの水道整備事業など7件、「中堅・中小建設企業部門」には高知県と宮城県の企業が選ばれた。

 

・JAPANコンストラクション国際賞HP:https://www.mlit.go.jp/JCIA/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社