情報・システム研究機構が12月15日にシンポ開催 「不確実な未来へ」地球規模課題がテーマ

情報・システム研究機構 シンポジウム「不確実な未来へ -地球規模課題に挑むデータサイエンス-」

 

 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構(東京都港区、藤井良一・機構長)は、12月15日(水)にシンポジウム「不確実な未来へ -地球規模課題に挑むデータサイエンス-」をオンライン開催する。視聴は無料。

 シンポは午後1時30分~6時。Zoom(ズーム)やユーチューブでライブ配信する。新型コロナや地球温暖化といった地球規模の課題が私たちの生活を「不確実な未来」にしているとして、機構内外のデータサイエンス研究者が気候変動、感染症拡大、エネルギー問題、情報氾濫などをテーマに学生や教育関係者、一般向けに解説する。

 講演者は、招待講演として3氏。江守正多・国立環境研究所地球システム領域 副領域長が「気候危機のリスクと社会の大転換」、伊藤公人・北海道大教授が「データサイエンスで病原体の変異と感染症の流行を予測する」、藤井康正・東京大大学院教授が「自然変動電源大量導入とエネルギーシステムモデル」について話す。

 一般講演として川村賢二・国立極地研究所准教授や越前功・国立情報学研究所教授ら5人がそれぞれの専門分野について説明する。

 シンポ詳細と参加登録は以下のサイト;
・特設サイト・プログラム:https://sympo2021.rois.jp/
・参加登録:https://sympo2021.rois.jp/regist/

 大学共同利用機関法人は、各研究分野において学術データや資料などを全国の研究者に無償で提供する研究機関として創設。情報・システム研究機構は、極域科学、情報学、統計数理、遺伝学についての研究機関が融合して研究を進める目的で2004年に設置された。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社