ネクプロが総額7・5億円の資本調達実施 オンラインセミナーのマーケティングを強化

ネクプロ 「ウェビナーマーケティング」

 

 オンラインセミナーに関するマーケティングサービスを手掛けるネクプロ(東京都中央区)は、同社のウェビナーマーケティングプラットフォーム「ネクプロ」のクラウドサービスを拡大するため、サファイア・キャピタル(東京都中央区)が運営するサファイア第一号投資事業有限責任組合をリードインベスターとした投資家による約7・5億円の資本調達を実施したと発表した。

 「ウェビナーマーケティング」は、オンラインセミナーなどで顧客のニーズをつかむ新しいマーケティング手法。「ネクプロ」は、ウェブセミナーやイベントなどの開催に関して、申し込みからアンケート取得までをワンストップで提供するプラットフォームで、300社を超える企業のマーケティング戦略に活用されているという。今回の資本調達は、映像配信基盤、データ分析基盤の強化や人工知能(AI)開発などが目的だとしている。

 投資をしたサファイア・キャピタルの山田泰生・代表取締役は「ネクプロの提唱するウェビナーマーケティングの思想は、電話やメールを主体としたマーケティング活動を、根本的に変革しうる営業/マーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューションとして、電話・FAX中心でビジネスが行われていた時代に電子メールが登場したインパクトと同じかそれ以上のインパクトがあると確信している」とコメントしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社