来年6月、大学昇格100年 関西大が記念事業の概要発表

関西大学 「大学昇格100年 記念事業」

 

 関西大(大阪府吹田市)はこのほど、2022年6月5日に迎える大学昇格100年の記念事業の概要を発表した。

 1886年11月4日に関西法律学校として開校した同大は、1922年6月5日に大学昇格を果たした。大学昇格に際しては大阪商船(現・商船三井)社長や大阪商工会議所会頭などを務めた同大11代学長・山岡順太郎氏が尽力し、山岡氏は「関大中興の祖」といわれている。

 記念事業では、1922~1936年を中心とする大学昇格前後の歩みを記録した記念誌作成のほか、将来をリードする経済人・起業家などの育成を目的としたプログラム「山岡塾」の創設、山岡氏の胸像や第2学舎1号館前の広場の整備事業、山岡氏の事績などを取り上げた博物館特別展(2022年4月1日~6月30日開催予定)などを計画している。

 また、100周年当日の2022年6月5日には、「大大阪の誕生と旧制関西大学の出発-山岡順太郎と学の実化」をテーマにしたシンポジウムを同大千里山キャンパスBIGホール(大阪府吹田市)で開催する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社