来年3月に「第1回 日本観光ショーケース in 大阪・関西」開催 旅行・観光関係者が情報発信、コロナ後の需要喚起へ

「第1回 日本観光ショーケース in 大阪・関西」

 

 コロナ禍で大きな打撃を受けた国内の観光産業を盛り上げようと「第1回 日本観光ショーケース in 大阪・関西」が2022年3月25~27日に大阪市で開催される。

 転職サイトを運営するマイナビ(東京都千代田区)などで構成する実行委員会が主催。全国の自治体や観光関係団体、旅行会社など約300の団体・企業が出展する予定で、さらに出展者を募集している。

 実行委は、緊急事態宣言が解除され、旅行や観光への関心が高まっていると指摘。従来型の観光旅行だけではなく、ワーケーションや教育旅行、マイクロツーリズムといった新たな旅行需要が生まれているとして、イベント開催でビジネスチャンスの創出や一般向けの旅行需要喚起を目指して「反転攻勢のきっかけにしたい」としている。

 開催概要は以下の通り。

【会 場】国際展示場「インテックス大阪」(大阪市住之江区)
【会 期】2022年3月25日(金)「ビジネスデー」、26日(土)、27日(日)「一般&ビジネスデー」
【入場料】無料
【出展者】地方自治体、観光関係団体、旅行会社、ホテル・旅館・宿泊施設、テーマパーク・レジャー施設など
【来場者】国内外の旅行会社、ツアーオペレーター、各国大使館・領事館、学校・教育関係団体、一般旅行者など
【来場者数(目標)】2万5000人(うちオンライン5000人)

 出展申し込みなど詳細は公式HP;http://japan-ts.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社