コカゲラウンジがウッドデザイン賞を受賞 積水ハウスの木造一戸建て住宅

積水ハウス 「KOKAGE LOUNGE」

 

 積水ハウス(大阪市)が販売する木造一戸建て住宅「KOKAGE LOUNGE(コカゲラウンジ)」がこのほど、優れた木造製品などに贈られる「2021年度ウッドデザイン賞」を受賞した。

 ウッドデザイン賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取り組みを表彰。「大きな樹の下に広がる木陰の暮らし」を掲げるコカゲラウンジは、勾配天井が特徴で、天井高サッシや業界最大級の大断面棟木梁などの技術で「勾配天井の大空間」を実現。大空間を可能とする屋根の剛性は積水オリジナルの小屋組技術で高めた。木陰暮らしの快適さを国産杉で仕上げた勾配天井と軒裏の木質感で表現した、という。

 積水ハウスは「『わが家を世界一幸せな場所にする』というビジョンのもと、今後も人生100年時代における“幸せ住まい”を追求し続ける」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社