改修用屋根材「エコウェーブ」発売 太陽電池の設置も可能、カナメ

カナメ 「エコウェーブ」

 

 屋根材の製造販売施工のカナメ(宇都宮市)はこのほど、工期短縮を可能とする波形スレート屋根の改修屋根材「エコウェーブ」を発売した。

 既存の波形スレート屋根に重ねぶきするタイプ。既存屋根への固定方法は、屋根材同士をはめ込む嵌合(かんごう)方式と、固定力の高いビス固定方式を併用。従来の全箇所ビス固定に比べ、約15%の工期短縮が期待できる。また既存屋根に新しい屋根を取り付けるために必要な「ベース設置」は、既存屋根に穴を開けずにできるため、既存の波形スレート屋根に含有されているアスベスト繊維を飛散させずに工事できるという。

 さらに強度の関係から太陽電池を設置できなかった古い屋根もエコウェーブで改修すれば設置可能になるとしている。

 工事費の目安は1平方メートル当たり8500円。(工事規模で変動、材料・工事費含む、樋(とい)・足場費用は除く)

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社