解凍時のドリップを解消した冷凍プリン Pasah、四つのフレーバーをセットで発売

Pasah 「カルテットプリン」

 

 Pasah(堺市)は、四つのフレーバーのプリンがセットになった冷凍の「カルテットプリン」を、公式オンラインショップと楽天などの電子商取引(EC)サイトで発売した。

 一般的に、冷凍したものを解凍する際にドリップが出て味が損なわれる冷凍障害が起こることが多いが、同社はおよそ2年をかけて、原材料、繊細な温度管理、圧力を調整することで冷凍障害によるダメージを解消した。卵と牛乳の風味、口どけの良さ、食べた後のさっぱりした感じを再現した、としている。解凍後8時間で半解凍になりアイスクリームのような食感、12時間後で出来立てのような食感が味わえるという。

 保存料などの化学添加物は使用していないため、消費期限は冷蔵の場合は7日だったが、冷凍にすることで、冷凍期間60日、解凍後3日に延伸し、ギフトとして活用の幅を広げた。Pasahによると、はにわを模した陶器製のマグカップを欲しがるファンが多いことから、4色の器をセットにしたという。

 プレーン、チョコとプレーンの2層仕立て、かぼちゃ、抹茶のセットで、送料別3780円。12月1日から同社の全てのプリンを冷凍に切り替える。

 

・公式オンラインショップ:https://haniwa-purin.com/

 

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社