マスクの上に装着する飛沫防護カバー インターマン、酸化銅不織布製

インターマン 飛沫防護カバー「Cu-PROTECTOR」

 

 インターマン(鹿児島市)はこのほど、マスクの上に装着して使用する飛沫(ひまつ)防護カバー「シーユープロテクター(Cu-PROTECTOR)」を発売した。

 抗ウイルス効果が期待できる酸化銅不織布製で、内側のマスクを交換することで2週間から1カ月程度の使用を想定している。2枚入りで1760円、サイズは3種類。

 酸化銅不織布は、世界で30件の特許を持つイスラエルのMedCuが開発した。表面加工ではなく、ポリマーそのものを酸化銅微細粒子と一体化させたことで、耐久性や安全性に優れ、効果が半永久的に維持されるという。米研究機関などで新型コロナウイルスを1分間で99・9%不活化するという論文も発表されている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社