大分・豊後高田市でハンバーガースタンプラリー チェーン店のない街でオリジナルバーガー開発

大分県豊後高田市 「豊後高田バーガースタンプラリー」

 

 ハンバーガーチェーン店がない街でバーガースタンプラリー。大分県豊後高田市は、市内のカフェなど飲食店が開発したご当地バーガーを食べ歩きし、スタンプを集めて抽選で商品が当たる企画を12月24日まで開催している。

 「豊後高田バーガースタンプラリー」で、市内15の対象店舗でハンバーガーを購入し、スタンプを四つ集めて応募。抽選で10人に5000円相当の商品がプレゼントされる。

 豊後高田市によると、同市にはハンバーガーのチェーン店がないことから、それを逆手に取って市内の飲食店がオリジナルバーガーを開発。コロナ禍で店内での飲食需要が低迷する中、気軽にテークアウトできるとして「ハンバーガーが食べられる豊後高田」にしようと企画した。

 「豊後高田バーガー」は、海の幸や山の幸など豊後高田市の食材を一つ以上使うことが条件。参加する飲食店からは「とり天バーガー」「サメバーガー」「昭和のハヤシバーガー」といった創意工夫されたハンバーガーがラインアップされた。

 対象店舗でバーガーを購入し、チラシの台紙にスタンプを押してもらい、四つ集めたら市内各所にある応募箱に投函する。詳細は;https://www.showanomachi.com/topics/detail/368

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社