茨城・常陸牛を使ったスペシャルバーガーを限定販売 県が東京の人気店「Burger Mania」とコラボ

茨城県×Burger Mania 「常陸牛霜降りすき焼きバーガー」

 

 茨城県は、東京の人気ハンバーガー店とコラボし、県を代表する銘柄牛「常陸牛(ひたちぎゅう)」を使用したスペシャルハンバーガーを開発、期間限定で販売している。

 コラボしたのは東京都港区、渋谷区に3店舗を展開する「Burger Mania(バーガーマニア)」で、12月15日まで販売する。県によると、同店は3店舗とも「食べログハンバーガー百名店」を4回連続で受賞したという。

 提供するのは「常陸牛霜降りすき焼きバーガー」(2390円)。各店1日10食限定。「A4、A5ランクの薄くスライスした肩ロース、うちもも肉をあぶることで常陸牛のジューシーさを閉じ込めた」という。店舗は白金店(港区)、恵比寿店(渋谷区)、広尾店(港区)で、定休日はない。

・公式SNS:https://www.instagram.com/burger_mania_/

 県によると、黒毛和牛の常陸牛は2020年度に年間出荷頭数が1万頭を超え、首都圏を中心に浸透しつつあるといい、さらなる常陸牛のイメージアップとブランド力の強化を図るため企画したという。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社