社員の奨学金返還を支援 月最大1万円支給、エフ・トレード

エフ・トレード 「社員の奨学金返還支援制度」

 

 システム開発事業を展開するエフ・トレード(横浜市)はこのほど、社員の奨学金返済を支援する制度を開始した。

 エフ・トレードが、月最大1万円を支給して、社員の毎月の奨学金返済額を社員に代わって返済する。毎月の奨学金返済額が1万円を超える場合は、社員の給与から超過額を控除する。返済額によっては毎月ではなく隔月返済とする場合もある。日本学生支援機構が2021年4月から始めた「奨学金返済支援(代理返還)制度」を活用した制度で、奨学金返済に関する「社員の精神的負担の軽減」を狙いに導入する、という。

 対象社員が入社3年以内に「自己都合」で退職した場合は、退職時に7カ月分の支給分の返還を求めるという。また、業務上疾病を除く休職・休業の場合は、返済を休職・休業開始月からいったん停止し、復職日の翌月から再開する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社