11月15日「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式と国際シンポ開催 殿堂者の講演やパネルディスカッション、参加者募集

「KYOTO地球環境の殿堂」 槌屋 治紀 氏

 

 京都府、京都市、環境省などで構成する「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会と、京都大、京都府立大などでつくる京都環境文化学術フォーラムは、第12回殿堂入り者の表彰式と国際シンポジウムを11月15日(月)に京都市の国立京都国際会館で開催する。

 第12回殿堂入り者は、京都エコエネルギー学院学院長で、システム技術研究所所長の槌屋治紀(つちや・はるき)氏と、ペルー元環境大臣のマニュエル・プルガール・ビダル氏、米国の自然環境保護家、クリス・トンプキンス氏の3人。午後1時からの表彰式には過去の殿堂入り者を映像で紹介した後、槌屋氏に認定書を授与する。

 槌屋治紀氏は、国立環境研究所「地球温暖化対策研究チーム」のアドバイザーを務め、世界自然保護基金(WWF)ジャパンと「脱炭素社会へ向けた2050年エネルギーシナリオ」の作成を行うなど、日本における再生可能エネルギーの普及促進に貢献したとして殿堂入り者に選出された。今年のノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎氏は、第1回殿堂入り者になっている。

 午後2時からは「脱炭素社会のビジョン~ネットゼロ実現に向けて~」をテーマに、京都環境文化学術フォーラム国際シンポジウムを開催。槌屋氏の記念講演や京都府内の高校生と槌屋氏とのトークセッション、パネルディスカッションを予定している。

 来場参加とオンライン配信で実施。来場はウェブやファクスで11月8日までに申し込む。オンラインは事前申し込み不要。詳細は;http://www.pref.kyoto.jp/earth-kyoto/annai/index.html

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社