中小機構が「経営自己診断システム」を17年ぶりにリニューアル 業界内での立ち位置を可視化

中小企業基盤整備機構 リニューアルした「経営自己診断システム」

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構、東京都港区)は、事業者が自社の経営状況を簡単に把握するためのサイト「経営自己診断システム」を17年ぶりにリニューアルした。

 このシステムは、決算書の財務情報から自社の強みや課題を確認できる経営分析サポートツール。中小企業金融を円滑にするために開発された中小企業信用リスク情報データベースに蓄積されている200万社以上の中小企業の財務情報を用いて構築されている。

 今回のリニューアルは、①デザインを刷新し、見やすく操作性を向上②スマートフォンやタブレットに対応③同業他社の中央値や業界上位置と比較でき、業界内での立ち位置を可視化―した。

 利用料は無料で、登録手続きも不要。

 

・経営自己診断システム:https://k-sindan.smrj.go.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社