請求書の電子化、処理の自動化をワンストップで提供 さくら情報システムとNTTデータ・ビズインテグラルが連携

さくら情報システム×NTTデータ・ビズインテグラル 富士フイルムビジネスイノベーション「買掛金管理自動化支援ソリューション」との連携概要

 

 システム開発のさくら情報システム(東京都港区)と、NTTデータグループのソフトウエアメーカーNTTデータ・ビズインテグラル(同)は、請求書の電子化と処理の自動化を図る富士フイルムビジネスイノベーション(同)が提供する「買掛金管理自動化支援ソリューション」との連携をスタートした。

 富士フイルムビジネスイノベーションは、請求書の支払い申請から、承認、会計管理アプリケーションと連携した記帳、保管までをデジタル化するクラウド型の業務ソリューションを提供。NTTデータ・ビズインテグラルは、販売、在庫、会計、人事など各種業務システムを統合して管理する「ERPパッケージ」といわれる基幹システム「Biz∫(ビズインテグラル)」で、会計処理アプリケーション「Biz∫会計」を提供している。

 さくら情報システムは、この二つのサービスをつなぎ、請求書の受け取りから電子化、仕訳計上までのプロセスをワンストップでできるソリューションを開発したという。両サービスを連携することで、会計処理における二重入力の防止や人的ミス削減など業務品質の向上、効率化を図ることができるとしている。

 さくら情報システムとNTTデータ・ビズインテグラルは、コロナ禍で広がったテレワークや、働き方改革で経理部門のデジタル化対応といった近年の状況から、書類を減らすペーパーレス化の必要性が高まっていると指摘。「今後も経理担当者の業務デジタル化や業務改善を支援するサービスを提供していく」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社