東洋大が「TOYO SDGs Weeks」開催 シンポジウムやコンテスト、一般参加可のプログラムも

東洋大学 「TOYO SDGs Weeks」一般参加可のプログラム

 

 東洋大(東京都文京区)は、学内の「持続可能な開発目標(SDGs)」ムーブメントを醸成し、地球の未来のために「主体的に行動する人」の育成を目指して「TOYO SDGs Weeks」と題した各種プログラムを開催する。11月30日まで。一部は一般参加可能。

 「TOYO SDGs Weeks」は、シンポジウムやコンテスト、講演会、ワークショップなど、SDGsに関連する内容で計15のプログラムで構成され、地域社会のSDGsへの理解を深める内容だとしている。

 一般参加も可能なプログラムは、全てオンラインによる開催で、東京都副知事 宮坂学氏らが登壇する「東洋大学・東京東信用金庫 第三回共催シンポジウム」(10月19日)や、「国際共生社会研究センター 出版記念シンポジウム」(10月22日)、「公開講座『防災の思想』~避難情報廃止論と防災プラグマティズム~」(10月30日)など。
 参加費は無料で、事前申し込みが必要。各プログラムの時間や申し込みなどの詳細はホームページで確認。

 

・「TOYO SDGs Weeks」ホームページ:https://www.toyo.ac.jp/sdgs/weeks/sdgs_weeks/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社