昭和産業・鹿島工場の燃料転換工事が完了 コージェネ設備の燃料を「石炭」から「都市ガス」に、CO2削減

昭和産業 「燃料転換設備」

 

 製粉大手の昭和産業(東京都千代田区)は、茨城県神栖市にある同社鹿島工場のコージェネレーション(コージェネ)設備について、このほど燃料を石炭から都市ガスにシフトする燃料転換工事が完了し、9月13日から運転を開始した、と発表した。

 鹿島工場には製粉工場、製油工場、糖質工場などがあり、これまではコージェネ設備で、石炭ボイラーで発生させた蒸気を利用して発電。発電に使用した蒸気を植物油や糖質製造工程の加熱にも利用していた。

 昭和産業は、地球温暖化防止への取り組みとして「ESG(環境・社会・企業統治)経営」を進めており、その一環として燃料転換工事を実施。約5億円をかけてコージェネ設備の燃料を石炭から都市ガスに転換し、石炭の使用を廃止することにしたという。

 工事は8月13日から9月12日まで、これまで使用していた石炭用バーナー部分を撤去し、新たに都市ガス用のバーナーを取り付ける工事を実施した。これにより、同じ熱量で比較した場合、石炭燃料に比べ二酸化炭素(CO2)排出量が約45%削減でき、年間で6・3万トンのCO2排出量を削減できるとしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社