AI応用の「匂いセンサー」事業化を検討 電気抵抗の変化で匂いを検知、長瀬産業と三洋化成

長瀬産業

 

 長瀬産業(東京都中央区)と三洋化成工業(京都市)はこのほど、人工知能(AI)技術を応用した「匂いセンサー」の事業化検討で合意した。

 匂いセンサーは、特定の匂いを識別、定量化するデジタル嗅覚技術。医療分野や食品・飲料などの生活関連分野での活用が期待されており、市場規模は2017年時点で約3200億ドル。業界予測では26年までに3兆1200億ドルへの急速な拡大が見込まれている、という。

 事業化を検討する匂いセンサーは、人間の嗅覚細胞に相当する物質(プローブ)に香り分子が吸着して発生する電気抵抗の変化で匂いを検知する方式。機械学習を通じてAIはさまざまな匂いを識別する変化パターンを検知することができる、という。

 三洋化成工業は、独自の組成設計に基づいた樹脂材料で多様な匂いの識別を可能にするプローブの組み合わせを提案。長瀬産業は、プローブから得られたデータ処理を含むセンサーシステムの設計と、顧客に分析結果を提供する新規ビジネスの構築を目指す。

 長瀬産業と三洋化成工業は「まずは日本酒の醸造工程における品質管理や香り成分の管理・計測・分析を通じた新商品開発への活用を目指す。その後は食品や医療、香粧品、工場での環境対応などのさまざまな市場のマーケティングを推進し、長瀬産業が国内外に有する顧客ネットワークを活用して幅広い分野に展開する」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社