クォンツ・リサーチの投資家情報サイトに「季節性分析」機能 日本株の過去の季節パターンを分析、投資をサポート

クォンツ・リサーチ 個別銘柄「季節性分析」サービス

 

 金融情報サービスのクォンツ・リサーチ(東京都港区)は、投資家向け情報サイト「デイトレ株マップ.com」(https://dt.kabumap.com/)の機能として、新たに日本株の個別銘柄「季節性分析」サービスを始めた。

 「季節性分析」は、株式市場全体や特定の銘柄が、時期によって特徴的な値動きをすることをとらえる投資分析手法の一種。「季節性パターン」を分析することで、将来の値動きを予測する材料になるという。同社によると、米国では広く利用されているが、日本ではこれまであまり活用されていなかったとしている。

 「季節性分析」サービスは、国内上場銘柄すべて(2021年9月7日時点4188銘柄)で過去30年以上(上場以降)の時刻や曜日、月ごとのデータで傾向を確認できるという。無料会員、有料会員などの種別によって分析種類や期間など利用範囲が異なるという。

 クォンツ・リサーチは、一般社団法人共同通信社のグループ会社。金融工学や人工知能(AI)を活用した予測モデルやアルゴリズム(計算手法)を開発し、投資家向けにサービスを提供している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社