ECサイト購入商品の返品、簡単に ヤマト運輸が「デジタル返品・発送サービス」開始

ヤマト運輸 「デジタル返品・発送サービス」の流れ

 

 ヤマト運輸(東京都中央区)は、電子商取引(EC)で購入者が商品を返品する際、消費者、事業者双方の手続きを簡略化する「デジタル返品・発送サービス」を始めた。

 英ドドル・パーセル・サービス(ロンドン)が提供する返品システムとヤマト運輸の配送ネットワークを連携させたEC事業者向けのサービスだ。8月26日から、ギャップジャパン(東京都渋谷区)が運営する「ギャップ」と「バナナリパブリック」の公式オンラインストアで利用を開始。

 通常、ECサイトで購入した商品を返品するには、電話で返品先を確認したり、伝票を手書きで作成し、指定された店舗に持ち込んだりするなど、アナログな対応が多い。一方、EC事業者にとっても、返品処理に係る業務負荷は大きい。

 今回始めたサービスは、そうした双方の手続きをデジタル化する。消費者は、ウェブ上で返品の手続きをし、最寄りの宅急便センターやオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」、一部のコンビニエンスストアなどから伝票を記入せずに返送できる。EC事業者は、返品処理時の業務が効率化されるだけでなく、返品受け付けサイトの構築を含めたパッケージでサービスが提供されるため、初期コストを抑え、短期間でサービスを始めることができる、としている。

・らくらく返品受付サイト(ギャップジャパン):https://www.return-portal.co.jp/gapinc

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社