デルタ株に抗ウイルス効果を試験確認 クラボウ開発の繊維素材で

クラボウ 抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」

 

 クラボウ(大阪市)は、同社が開発した抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」で加工した繊維素材が、感染力の強いインド由来の「デルタ株」に対し、抗ウイルス効果があることを試験で確認した、と発表した。

 試験は、一般財団法人日本繊維製品品質技術センターが行った。クレンゼを施した綿100%のマスク用素材の上にウイルスを一定時間接触させた後、繊維表面から回収したウイルスのうち、感染力を持つウイルス粒子の数を測定した。その結果、ウイルスが99%以上減少したことが確認されたという。

 この試験は、英国由来の変異株「アルファ株」に対しても行っており、その時も99%以上の減少が確認されている。

 クレンゼは、第4級アンモニウム塩系の抗菌成分を繊維表面に強力に固定化する技術。繊維上の薬剤に接触した細菌やウイルスの外膜に変化を生じさせることで増殖が抑制され、数を減らす。使用する薬剤は、急性経口毒性、皮膚刺激性試験などの試験で安全性を確認しており、家庭で50回洗濯した後でも同等の効果があったとしている。

 クレンゼで加工した繊維は、抗菌・抗ウイルス対策が必要な医療や介護・福祉、食品、教育などの分野で、マスクやタオル、寝具、ユニフォームなどとして幅広く活用されている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社