天然氷を使ったふわふわのかき氷 那須ガーデンアウトレットで松月氷室が販売

那須ガーデンアウトレット 「とちおとめいちご」

 

 「那須ガーデンアウトレット」(栃木県那須塩原市)で、天然氷を使ったかき氷を販売している。1894(明治27)年に創業し、天然氷を製造・販売する松月氷室(しょうげつひむろ)が毎年、キッチンカーで出店する。氷は、日光連山の湧き水を、厳しい冬の寒さを利用してゆっくり凍らせてつくり、雑味がなく透明感があるという。かき氷はふわふわで、一番人気は、地元産イチゴを使った「とちおとめいちご」(600円)だという。氷がなくなり次第、販売を終了する。

 施設内の各所にレゴブロックでつくった巨大モデルを配置しており、3カ所のポイントを巡ってキーワードを集めるとレゴグッズがもらえる企画を8月29日まで実施している。

 9月17日には、クラフトビール醸造所「那須ガーデンブルワリー」がオープンする。8月初旬にビールの醸造も始まった。

 那須ガーデンアウトレットは、双日商業開発(東京都中央区)が運営している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社