静岡県袋井市がクラウンメロン題材の絵本作品を募集 特産品をPR、最優秀は絵本化で全国の図書館へ

静岡県袋井市 「クラウンメロン」を題材とした創作絵本作品募集

 

 静岡県袋井市は、シティープロモーションの一環として特産品のクラウンメロンを題材にした創作絵本作品を募集している。絵本を制作し、クラウンメロンと袋井市をPRするのが狙い。9月30日締め切りで、最優秀作品は絵本化し、全国の公立図書館などに送付する予定だ。

 袋井市によると、同市は温室メロンの生産量が日本一で、特にクラウンメロンは果実の王様ともいわれるマスクメロンの高級ブランドとして知られる。1本の木に一番良い実だけを残して栄養を凝縮させる「一木一果」で栽培するのが特徴だという。

 募集内容は、クラウンメロンを題材にした自作の未発表作品。プロ・アマを問わず応募でき、絵と文の共作も可。最優秀賞(1点)に賞金30万円とクラウンメロン1玉が贈られる。特別審査員を静岡県出身の絵本作家・宮西達也さんが務める。

 提出方法など詳細は;https://www.city.fukuroi.shizuoka.jp/soshiki/4/city_promotion/citypromotion/8566.html

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社