オルツが人工知能を活用した「AI翻訳」の提供開始 ビデオ会議でリアルタイムに翻訳字幕を表示

オルツ 「AI翻訳」

 

 人工知能(AI)を活用したサービスを開発しているオルツ(東京都港区)は、ビデオ会議でリアルタイムに翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」サービスを始めた。利用は無料。

https://honyaku.ai

 AI翻訳は、ビデオ会議を利用した海外とのやりとりで、その場で話した言葉を希望する言語に翻訳して字幕として表示するシステムだ。話し終えてから最速2秒で映像に字幕が表示されるという。30カ国以上の言語に対応でき、話す言葉と翻訳先言語を自由に選択・変更できる。

 当面、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」での提供だが、ほかの会議システムにも順次対応するとしている。

 オルツによると、コロナ禍でリモートワークが普及し、ビデオ会議を利用する機会が増えていることを背景に、海外とのやりとりで機械によるリアルタイムでの翻訳需要が高まっているという。オルツはこれまでもAI技術を使った「AI通訳」や「AI議事録」「AIコールセンター」などさまざまなシステムを開発し、サービスを展開している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社