9月5日にがん治療の講演会 痛みなく受けるコツを解説

東京都医学総合研究所 「痛みなくがん治療を受けるコツ」

 

 東京都医学総合研究所(東京都世田谷区)は9月5日、一般向けのオンライン講演会「痛みなくがん治療を受けるコツ」を開く。参加無料。

 講師は東京大医学部附属病院 緩和ケア診療部 部長の住谷昌彦氏と東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野長の池田和隆氏。

 住谷氏は、医療用麻薬はこわい?(いいえ、こわくありません!)▽なぜ、がんの患者さんでは運動習慣が特に大切か?▽食習慣(適正体重の維持)が痛みと関連する?―の三つのテーマから、がん治療中に受ける体や心の痛みとつらさを和らげ、がんと向き合いながら自分らしい生活を送るコツを話す。

 池田氏は「痛みに効く薬の基礎知識」をテーマに、がんの苦痛を和らげる薬の種類や使い方、注意点などを説明する。

 開催時間は午後2時から午後3時30分まで。参加するには事前申し込みが必要。定員500人。申し込み多数の場合は先着順。申し込みはホームページ(https://www.igakuken.or.jp/public/tomin/2021/tomin04.html)から。締め切りは8月31日。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社