北海道大に1億円を寄付 人工知能技術での研究促進、クレスコ

クレスコ 根元浩幸 社長(左)と北海道大大学院情報科学研究院/川村秀憲 教授

 

 クレスコ(東京都港区)はこのほど、人工知能(AI)技術の研究促進や人材育成支援を目的に北海道大に1億円を寄付した。

 国連総会で決まった「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けた取り組みの一環。北海道大大学院情報科学研究院はクレスコに感謝状を贈った。

 AI・IT人材育成をテーマに北海道大大学院情報科学研究院の川村秀憲教授と意見交換したクレスコの根元浩幸社長は、AI・IT人材に必要なスキルの多様化や加速するデジタル化に対応するためにも“産学連携強化”は欠かせないことを改めて確認した、という。

 クレスコは「社内外のAI・IT人材の教育・育成を積極的に進めており、さらなる充実を目指す」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社