小児難病の男児と家族を「京都るり渓温泉 for REST RESORT」に招待 カトープレジャーグループ

カトープレジャーグループ 「京都るり渓温泉 for REST RESORT」

 

 カトープレジャーグループ(大阪市)はこのほど、同社が運営する高原スパリゾート「京都るり渓温泉 for REST RESORT」(京都府南丹市)に「難病を患う子どもとその家族」を招待した、と発表した。

 社会貢献活動のために設立したNPO法人Pleasure for all(大阪市)の活動の一環で、7月11、12日に三重県在住の難病と闘うボリビア人家族を招いた。

 カトープレジャーグループによると、小児難病を患っているボリビアの7歳男児が両親らと一緒に「京都るり渓温泉 for REST RESORT」のグランピング施設で宿泊し、バーベキューやランバイクなどを楽しんだという。

 公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」は、難病の子どもたちが家族と一緒に旅行を楽しむ「ウィッシュ・バケーション・プロジェクト」を実施しており、活動に賛同するカトープレジャーグループは、これまでに沖縄、長崎などの同社運営施設で受け入れている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社