“凍らせポッキー”で謎解きにチャレンジ! 冷やすとヒントが浮かぶ限定デザイン、江崎グリコ

江崎グリコ 「凍らせポッキーで、もっと近づこう!アイスブレイクポッキーキャンペーン」

 

 江崎グリコ(大阪市)は、同社の「ポッキー」シリーズから、冷凍庫に入れて冷やすと絵柄が変化する限定デザイン6種を発売し、「凍らせポッキーで、もっと近づこう!アイスブレイクポッキーキャンペーン」を始めた。

 限定デザインは、「ポッキーチョコレート」「ポッキー<極細>」「ポッキー<テイスティー>」「つぶつぶいちごポッキー」「アーモンドクラッシュポッキー」「ポッキー<濃い深み抹茶>」の計6種。市場想定価格はいずれも162円前後。

 今回のキャンペーンでは、冷凍庫で凍らせることで、常温よりさらにカリッとした食感になる「凍らせポッキー」の特徴に着目。インキは温度変化によって色が浮き出るものを採用した。箱の裏面には謎解き問題が書かれおり、冷凍庫に入れて冷やすとヒントが浮かぶ仕組みだ。問題の答えはキャンペーンサイトに記載されている。

・謎解きキャンペーンサイト:https://cp.pocky.jp/2021icebreak/

 キャンペーンサイト内では、さらに難しい謎解き企画にも挑戦できる。難易度は「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「スペシャル」の4種類。問題は第2弾(7月12日~)、第3弾(8月9日~)とサイト内で順次公開する。

 また、「ひんやり楽しいグッズが当たるレシート応募キャンペーン」も始めた。対象商品を購入したレシートを撮影し、キャンペーン応募ページにアップロードする。応募した人の中から抽選で500人に、ドリンクを冷たいままキープできるオリジナルジェルタンブラー2個セットが当たる。レシート登録で、全員にオリジナル壁紙もプレゼントする。応募期間は8月30日まで。詳細はャンペーンサイト;https://cp.pocky.jp/2021smr/

 江崎グリコは「暑い夏、家でひんやり冷たい『凍らせポッキー』と謎解きを楽しみながら、大切な人との絆が深まるひとときを過ごしてほしい」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社