「小田原市観光交流センター」が7月22日オープン 新たな観光情報発信拠点、アーティスト支援も計画

小田原ツーリズム 「小田原市観光交流センター」

 

 神奈川県小田原市の観光情報を発信する拠点となる「小田原市観光交流センター」が完成し、7月22日にオープンする。センターを運営する「三の丸地域循環創造事業体」を構成する小田原ツーリズム(小田原市観光協会100%出資の会社)が発表した。

 小田原ツーリズムによると、観光交流センターは小田原城の正面にあり、鉄骨造り2階建て。観光案内のほか、カフェや物販、イベントスペースなどがある。

http://odawara-visit.com/

 センターは観光情報発信のほか、文化・芸術の発信拠点としても活用し、小田原に縁のあるアーティストを支援するプロジェクトなども行うという。

 7月22日から25日まではオープニングセレモニーとしてイベント開催も予定している。小田原ツーリズムは「コロナ終息後の観光需要回復を見据え、インバウンド(訪日外国人客)の受け入れ環境整備にも取り組みたい」としている。

 小田原市観光協会によると、小田原市には小田原城を中心にした観光スポットなどに年間約500万人以上の観光客が訪れるという。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社