セレッソ大阪とスポンサー契約 地域貢献を目指し、大阪成蹊学園

大阪成蹊大学 森島 寛晃 セレッソ大阪社長(左)と石井 茂 理事長

 

 大阪成蹊大学やびわこ成蹊スポーツ大学などを運営する学校法人大阪成蹊学園(大阪市)はこのほど、サッカーJリーグのセレッソ大阪(大阪市)とスポンサー契約を締結した。地域貢献や新たなスポーツ文化の創造などを目指した共同事業を推進する、としている。

 大阪成蹊大学スポーツイノベーション研究所の研究調査活動の推進や知見の共有、多様な学びの機会の学生への提供などに取り組む。具体的には観戦者アンケート調査や競技力向上に関する研究、大学が実施する学外連携学修や学外実習、インターンシップ、ボランティア体験の取り組み、びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部とセレッソ所属のユース選手の交流、スポーツビジネスを体系的に学ぶ社会人向けアカデミー、セミナー・シンポジウムの開催、相互的な講義、講習会への人材派遣などを計画している。

 連携促進のため、セレッソ大阪の森島寛晃・代表取締役社長は今年4月からびわこ成蹊スポーツ大学客員教授に就任している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社