やまと豚が7年連続で「三ツ星」 ベルギーの国際審査会で快挙、フリーデン

フリーデン 「ダイヤモンド味覚賞」を受賞した「やまと豚」

 

 豚肉の生産・加工・販売を手掛けるフリーデン(神奈川県平塚市)はこのほど、ベルギーで今春開催された優れた食品を表彰する国際味覚審査機構の「2021年度審査会」で自社生産の「やまと豚」が15年度から7年連続となる「優秀味覚賞『三ツ星』」を受賞した、と発表した。

 世界の一流シェフやソムリエらの審査員が目隠しして審査を実施。分析の結果、優秀味覚賞「三ツ星」に決まり、10年の間に三ツ星を7回獲得した食品のみに与えられる「ダイヤモンド味覚賞」にも輝いた。日本産豚肉がダイヤモンド味覚賞に輝くのは今回が初めて、という。

 優秀味覚賞三ツ星は、第一印象や外観、香り、食感、味覚などの評価項目を審査し、総合評定100点満点中90点以上の食品に与えられる。

 フリーデンは「食の専門家により、やまと豚のおいしさが裏付けられた」と喜んでいる。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社