金町エリアのマンション分譲開始 2022年3月入居開始の「プレミスト金町」

大和ハウス工業 「プレミスト金町」

 

 大和ハウス工業(大阪市)はこのほど、小田急不動産(東京都渋谷区)、三信住建(東京都中央区)とともに、東京都葛飾区東金町の分譲マンション「プレミスト金町」の販売を開始した。

 プレミスト金町は地上15階建て、総戸数124戸。2020年6月着工し、完成予定は22年2月下旬。入居開始は翌月の22年3月下旬を予定している。大京穴吹建設が施工を担当し、大和ハウス工業、小田急不動産、三信住建の3社が販売する。

 間取りは1LDK~3LDK、専有面積35・33平方メートル~76・11平方メートルの多彩な全30タイプの住戸を分譲する。

 一部住戸は、リビング隣りの洋室をテレワーク可能スペースに自由に変更できる構造。

 また1階共用部には、入居者がテレワークや勉強スペースとして利用できる「サブエントランスホール」を設けるなど、快適なマンション生活をする上で必要なさまざまな工夫を施している。

 各戸の販売価格は1LDK 2800万円台、2LDK3200万円台、3LDK4300万円台で展開する。

 プレミスト金町が位置する金町エリアは近年再開発が盛んな地域。住宅や商業施設、保育施設などが一体となった事業など大型再開発が計画されている。

 近隣には水郷公園「水元公園」や江戸川河川敷など適度な自然環境もある。徒歩7分の最寄り駅JR常磐線金町駅からは、東京メトロ千代田線の大手町駅、表参道駅まで直通アクセス可能。ビジネス街や商業施設への交通利便性に優れているという。

 徒歩8分の京成電鉄金町線京成金町駅から成田空港駅へ46分、羽田空港第1・第2ターミナル駅へ51分と、空港にも比較的近い。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社