VTVジャパンがプライムアシスタンスのテレワーク支援 テレビ会議システム「Cisco Webex」を導入

VTVジャパン 「Cisco Webex」

 

 オンライン会議に関するサービスを提供するVTVジャパン(東京都千代田区)は、同社のオンラインサービスを導入した企業例をホームページで公開している。

 導入企業は、SOMPOグループのプライムアシスタンス(東京都中野区)。車のトラブルに対応する「ロードアシスタンス」や、住まいのトラブル対応「ホームアシスタンス」といった各種相談対応に関する事業を手掛けている。

 プライムアシスタンスは、テレワークの導入を計画していた中、新型コロナウイルスの感染拡大により出社率を30%までに抑えることを決定。急きょテレワーク関連の環境整備が必要になったという。

https://www.vtv.co.jp/casestudy/prime-as02.html

 VTVジャパンが提供したのは、在宅勤務用プラットフォームとしてテレビ会議クラウドサービス「Cisco Webex(シスコ ウェブエックス)」。プライムアシスタンスは、既にCisco社のテレビ会議用専用機を会議室に導入し、活用していたこともあり、既存システムとの相互接続などで導入しやすかったとしている。

 VTVジャパンは1995年設立。オンライン会議に特化したソリューションを提供している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社