九州全域をカバーする物流施設 大和ハウス工業、「DPL鳥栖」が稼働

大和ハウス工業 物流施設「DPL鳥栖」

 

 大和ハウス工業(大阪市)はこのほど、九州全域をカバーする物流施設「DPL鳥栖」(佐賀県鳥栖市)を開発し、同グループの大和物流(大阪市)が全棟賃借して稼働を始めた。大和物流の九州5番目の物流拠点として物流の拡大が期待される。

 轟木工業団地内にあるDPL鳥栖は、九州自動車道・長崎自動車道「鳥栖インターチェンジ」から約4・2キロメートル。九州自動車道と長崎自動車道、大分自動車道の交通結節点となる「鳥栖ジャンクション」の活用で九州全域をカバーできる物流適地に位置する。

 福岡空港や九州佐賀国際空港、博多港にも自動車で約1時間と空路・海路輸送も検討できる。JR貨物輸送の拠点、鳥栖貨物ターミナル駅も約3・5キロメートルと比較的近く、環境のため鉄道貨物輸送を増やしてトラックなど自動車の貨物輸送を減らす「モーダルシフト」の検討も可能だ。また、JR新鳥栖駅から約1・1キロメートルと就労者に職住近接の環境を提供できる場所にあり、テナント企業の雇用確保ニーズに応えることができる、という。

 DPL鳥栖の施設規模は地上2階建てで、各階床面積約2万5000平方メートル。天井高5・5メートル、柱間隔約10メートルを確保した。荷物を積み下ろすトラックの接車スペース「トラックバース」は、北側は低床式、南側は高床式のハイブリッド式を採用、建材など重量物から細かな流通加工や衛生管理が必要なさまざまな貨物に対応する。また納入された商品を格納・保管せずに検品・仕分して配送する「通過型センター」としての運用にも適した構造だという。

 大和ハウス工業は「九州エリアにおけるさらなる物流ネットワークの拡充と物流事業の拡大に取り組む」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社