子孫残すため母同士が協力 オス少ないハチの“謎”解明

明学大×理研×岐阜大×慶應大 「メリトビアのメス(左)とオス(右)の成虫」

 

 明治学院大教養教育センター付属研究所の安部淳研究員や、岐阜大応用生物科学部の土田浩治教授らの研究者グループはこのほど、ハチの仲間メリトビアがオスを数パーセントしか産まない理由を解明した、と発表した。母親ハチ同士がお互いの子孫を効率よく残すため、生むオスの割合を調節している、という。研究は米国科学アカデミー紀要(オンライン)に掲載された。

 安部研究員らの研究グループは、メリトビアの一種「Melittobia australica」の雌雄の産み方と母親ハチ間の血縁関係を自然環境下で調べ、野外調査や室内実験、DNA解析、数理的理論解析を統合して、オスを数パーセントしか産まない理由を突き止めた。

 研究によると、母親メスが近隣に分散して産卵する場合は常にオスを少なく産む一方、遠方に分散して産卵する場合は、母親メスが増えるとオスを生む率が高まることが分かったという。

 このような母親メスの産卵地と男女比の関係は、母親メス間の「血縁関係」が影響しており、近隣で生む場合は「血縁者と遭遇しやすい」、遠くで生む場合は「血縁者と遭遇し難い」という“経験値”から、母親メス同士はお互いの血縁関係を推定し、近隣で生む場合が男女比を調節して極端に少ないオスしか生まなかった(オス率約2%)。血縁関係にあると推定する母親メスたちは、それぞれの子孫の数を増やすため、息子同士が配偶者をめぐって争わないよう、協力して生むオスを減らすためだ、という。

 安部研究員らの研究グループは「今回の発見は、ハチの行動や性比調節の理解にとどまらず、生物がどのようなときに自己中心的に振る舞い、どのようなときに協力的に振る舞うのかという社会行動全般の理解に応用されることが期待される」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社