与論島の観光動画、最優秀賞に輝く ドイツ観光映像祭の「観光誘客部門」で

 

 鹿児島県与論町が制作した、与論島をPRする観光動画「ウェルカム・トゥ・パラダイス」がこのほど、ドイツ・ベルリンで開かれた観光映像祭「ザ・ゴールデンシティー・ゲート」の「観光誘客(地域)」部門で最優秀賞を受賞した。

 動画は、与論島の観光誘客を目的に、与論町が宣伝企画会社81plus(東京都目黒区)に委託して制作。フォトジェニックやワーケーション、ネイチャーのテーマ別に与論島の魅力的な自然や文化を伝える動画を3本制作。受賞作の「ウェルカム・トゥ・パラダイス」は、この3本の動画に新要素を加えてまとめた2分ほどの再編集版。透き通った海はもちろん、地元の祭りなどの様子が心地よい音楽とともに映像に収められている。

 観光映像祭「ザ・ゴールデンシティー・ゲート」は、ドイツで毎年開かれる観光産業向け国際会議に合わせて開催される。今年は23カ国から121作品の応募があった。

 これまで与論町は、与論島の観光動画を制作しており、「第1回日本国際観光映像祭」では国内グランプリ、ポルトガルの国際観光映像祭ではフィルムロケーション部門2位を受賞している。

 受賞動画は;https://www.youtube.com/watch?v=jjDrBymTkME&t=9s

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社