ライブ配信の不適切なコメントを自動削除 オルツ、「AIモデレーター」を開発、6月3日に発表会

オルツ 「AIモデレーター」発表会

 

 人工知能(AI)を活用した技術開発を手掛けるオルツ(東京都港区)は、ユーチューブなどのライブ配信の際にチャットで視聴者からのコメントを自動管理する「AIモデレーター」を開発し、6月3日(木)にオンライン発表会を開く。視聴は無料。

 コロナ禍で各種イベントは、オンラインによるライブ配信形式が増え、リアルタイムでチャットのコメントが寄せられる一方で、誹謗(ひぼう)中傷などが含まれることから対策が課題になっているという。

 ユーチューブでは、ライブ配信する運営者側が「モデレーター」と呼ばれる調整役を用意し、不適切なコメントを削除するなど対応しているが、“手作業”で行っているのが実情で、大規模イベントなどでは膨大な量のコメント点検に限界があるという。

 開発した「AIモデレーター」は、ライブ配信時のチャットコメントをAIが監視。不適切なコメントがあった場合、自動で削除するという。これまでの“手作業”による削除は、画面に出てから対応しているが、AIはコメントアップ後の自動点検に加え、アップされる前にチェックすることもできるのが特徴だとしている。

 また、不適切なコメント投稿者を特定し、投稿を拒否することや、「よくある質問」などにはAIが自動で返信することもできるという。

 発表会は6月3日午後2時から3時まで。ユーチューブでライブ配信する。ユーチューバーが登壇し、AIモデレーターを実演する予定。視聴は、6月2日午後3時までに事前申し込みが必要。申し込みフォーム :https://share.hsforms.com/1dvSEyHIbQ8izMEoUDPAnTQ5mb23

 「AIモデレーター」は他のライブ配信にも対応できるが、先行してユーチューブで実施。ユーチューバーやバーチャルユーチューバー(Vチューバー)などが体験できるようにテスト版を無料で提供するという。テスト版予約:https://aimoderator.ai/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社