群馬の通信機器メーカーが業務用オゾン発生器を発売 ナカヨ「エアクリーンNYC(ナイス)」

ナカヨ オゾン発生器「エアクリーンNYC(ナイス)」

 

 通信機器の製造・販売を手掛けるナカヨ(前橋市)は、オフィスなどで除菌・消臭に使用する業務用小型オゾン発生器「エアクリーンNYC(ナイス)」を発売した。

 オゾンの強力な酸化力によって、ウイルス除去や除菌、消臭効果が期待できるといい、オフィスのほか、介護施設、学校、店舗、ホテルなどでの使用を想定している。適用面積は6~48畳(約9・7~77・8平方メートル)を推奨。22段階で畳数を指定できるため、面積に合わせた濃度のオゾンを提供できるとしている。

 価格は19万8000円。購入は同社にメールなどで注文し、グループ会社を通じて販売する。納入は6月25日からの予定。ナカヨ営業統括本部営業企画室 メール:kikaku_info@nyc.co.jp

 ナカヨは1944(昭和19)年創業の通信機器メーカー。ビジネス用電話機などの製造・販売が中心だが、コロナ禍の状況を踏まえウイルス除去などに効果が期待できるというオゾン発生器を製品化したという。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社