オンライン探究学習プログラム「せかい探究部」の参加者募集 上智学院、高校・大学連携で東南アジアを題材に

上智学院 「せかい探究部」

 

 上智大などを運営する学校法人上智学院(東京都千代田区)は、傘下の教育事業会社「Sophia Global Education and Discovery Co.,Ltd.」(Sophia GED、本社バンコク)が取り組む高校生向けオンライン探究学習プログラム「せかい探究部」について、本年度の参加者を5月25日まで募集している。

 「せかい探究部」は、学習指導要領の改訂で2022年度から高校に「総合的な探究の時間」が導入されることなどを受け、上智大が推進する高校・大学連携の新たな取り組みとして2020年に開設。第1期には18人が参加した。

 今回募集する第2期は、今年6月から2022年3月まで10カ月、オンラインで世界や東南アジアを題材にした大学教員、研究者によるレクチャーや個別ゼミ、論文指導などを受講するプログラムだ。オンラインによる海外調査も行うという。第1期では「カンボジアのマイクロファイナンス」「ラオスの教育信頼性と就学傾向」「タイの若者の土着信仰と宗教観」などが研究テーマになったという。

 対象・募集人員は、高校生か同学齢の約20人。参加費用は月1万1000円か、月6600円のプランから選ぶ(1カ月無料)。申し込み方法など詳細は、Sophia GED公式サイト;https://sophia-ged.com/ja/iblsupportprogram-group2/

 ガイダンス動画も公開している;https://youtu.be/Vkkm7De30hc

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社