栃木県小山市がキャッチコピーとロゴデザインを作成 「小さな自慢が、山ほどあります。」市の魅力をアピール

栃木県小山市 キャッチコピー「小さな自慢が、山ほどあります。」

 

 栃木県小山市はこのほど、市のプロモーションに使用するキャッチコピーを「小さな自慢が、山ほどあります。」に決めた。

 栃木県第2の都市である小山市は、市の魅力を市民に感じてもらおうと、キャッチコピーを募集。応募237点の中から三つの候補に絞り、デザイン会社が描いたロゴデザインとともに市民投票で決定した。

 キャッチコピーは市内在住の女性の作品で、小山市には自然、歴史、文化、食べ物などいろいろ発見があることを知ってほしいということを表現したという。ロゴデザインは、新幹線、オモイガワザクラ、本場結城紬(つむぎ)、おやま和牛といった12の“小さな自慢”がイラストで描かれている。

 市はキャッチコピーとロゴデザインを、市政で使うさまざまな資料などに印刷して広く周知する考え。無償でダウンロードできることから「使用ガイドラインに沿って名刺やSNSなどで自由に活用してほしい」としている。

 詳細は小山市ホームページ;https://www.city.oyama.tochigi.jp/soshiki/2/232717.html

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社