住宅改修最大50万円を補助 コロナ対応の市民支援、袋井市

静岡県袋井市 住宅リフォーム工事費用の一部を補助

 

 静岡県袋井市はこのほど、新型コロナウイルス感染対策などで住環境を整備する同市民を支援するため、住宅改修費を最大50万円補助する事業を始めた。申請期間は5月14日まで。予算上限(3600万円)に達し次第、受け付けを終了する。

 補助額は、1戸当たり補助対象工事費の3分の1以内で上限50万円。新型コロナ感染対策に伴い、在宅勤務者が増加傾向にある中、市民の住宅改修費の負担軽減を図る。それとともに、地域経済の活性化も目的とするため、施工業者が袋井市内の業者であることが補助の条件。そのほか、市税の滞納がないことなども必要だ。

 住宅改修費補助は昨年10月にも実施。受け付け開始日から26日で予算上限3000万円に達した。補助対象の住宅改修工事の総額は約1億円に上り、地域経済活性化にも役立った、という。

 申請・問い合わせは袋井市都市計画課建築住宅係、電話0538(44)3123。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社