出版社の社長100人がすすめる本フェア 紀伊國屋書店が全国66店舗で開催

「出版社社長100人がおすすめする本フェア」

 

 紀伊國屋書店(東京都目黒区)は4月1日から、「コロナ時代を生きる」をテーマに「出版社社長100人がおすすめする本フェア」を全国66店舗で開催する。

 春は多くの人が新生活を始めるスタートの季節。新型コロナウイルスの影響が続く中、新たなスタートを切る人やコロナ禍で奮闘する多くの人を“本”で応援しようと企画した。

 「こんな今だからこそ読んでほしい」おすすめ本を、出版社の社長100人が選んだ。各社長がそれぞれ一推しの本を推薦している。推薦コメントはPOP(ポップ)にして本と一緒に店頭に掲示する。

 フェアは4月1~30日、5月1~31日の2期に分けて開く。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社