「丸亀製麺」が今夏、ロンドンに初出店 日本スタイルで提供、ビーガンメニューも用意

トリドールホールディングス 「丸亀製麺」ロンドン1号店(外観)

 

 うどんチェーン店「丸亀製麺」などを運営するトリドールホールディングス(東京都渋谷区)は7月、英国・ロンドンに讃岐うどん専門店「丸亀製麺(現地名称:Marugame Udon)」を初出店する。

 海外10カ国・地域に「丸亀製麺」を展開している同社は、ロンドン出店を目指し2020年7月、現地法人を設立。今春オープンに向けて準備を進めていたが、新型コロナウイルスの影響で出店を延期していた。6月にロックダウン(都市封鎖)が解除される見通しになったことから7月オープンを決めたという。

 出店場所は、ロンドン中心部の主要ターミナル・リバプールストリート駅の近くで、世界中の多彩なレストランが集まる地域だという。客数は約100席。日本スタイルと同じく、店内に製麺機を置き、日本産の小麦粉を使って“打ち立て”“ゆでたて”のうどんを提供する。

 メニューは「釜揚げうどん」「かけうどん」「肉うどん」といった日本で定番のうどんに加え、日本食になじみのない現地の人向けに、ロンドンで人気があるという日本食をベースにした「豚骨うどん」「チキンカツカレー丼」なども提供する。価格は3・45ポンド(約520円)から。天ぷらやおにぎりなどサイドメニューのほか、無料でトッピングできる青ネギ、ショウガ、天かすなどの薬味の用意も日本と同じだ。

 また「丸亀製麺」として初めてビーガンと呼ばれる菜食主義者向けメニューも導入する。通常は魚介を使用するうどんのだしについて、野菜を使った植物性のだしに変更し「かけうどん」「キムチ焼きうどん」「カレーうどん」などを提供する。約3割のメニューがビーガン向けになるとしている。

 「丸亀製麺」は、中国、香港、ベトナムなどアジアを中心に米国、ロシアにも出店している。今回の「ロンドン1号店」をきっかけに欧州に本格進出したいとしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

NY円、108円後半

【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク外国為替市場の円相場…

地域

政治・国際

株式会社共同通信社