那須サファリパークで4月3日から「ナイトサファリ2021」開催 夜行性動物を観察、ライオンに肉をあげる体験も

那須サファリパーク 「ライオンバス」

 

 那須サファリパーク(栃木県那須町)は、4月3日から園内を車で移動しながらライオンなどの動物を間近で観察することができる「ナイトサファリ2021」を開催する。開催は10月30日までの土曜日や大型連休、夏休みシーズン。

 「ナイトサファリ2021」は、午後6時から午後9時まで(受け付けは午後8時まで)。「マイカー」「ライオンバス」「WILDRIDE(ワイルドライド)」の3種類あり、入園料金は大人(中学生以上)2400円。小人(3歳~小学生)1800円。マイカーでそのままサファリゾーンに入る場合は、ナイトサファリの料金は必要ないが餌やりはできない。

 ライオンバス(所要時間約40分)は別途、大人(中学生以上)1100円、小人(3歳~小学生)600円。ガイド付きでキリンなど草食動物に餌やりができる(餌代は別)。バスは随時運行のため、予約なしで乗車できる。

 WILDRIDEは(約45分)は、大人・小人ともに1200円(要予約)。金網で覆った檻(おり)型のバスで運行。ライオンにトングを使って肉をあげることができる(餌代は別)。

 ナイトサファリは、ライオンやトラなど夜行性の動物を間近で観察できる臨場感が最大の特徴だ。このほか、ゾウ、キリンといった草食動物など園内にいる約70種類の動物たちを見ることができ、毎年開催している。今年はコロナ禍で密にならないマイカーの需要が高まっていることから、受付時間帯を昨年に比べ1時間延長したという。

 詳細は那須サファリパーク「ナイトサファリ2021」のサイト;https://www.nasusafari.com/nightsafari/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社