漢字習得は言語能力の発達に影響 漢検協会協力による京都大の学際研究

京都大学×漢検 「読字・書字習得から老年期の認知能力維持に至る生涯軌道」

 

 漢字の手書き力が、高度な言語能力の発達に影響を与えていることが、日本漢字能力検定協会(京都市)が協力した京都大の研究プロジェクト「ライフサイクルと漢字神経ネットワークの学際研究」でこのほど明らかになった。研究成果は、国際学術誌「Scientific Reports」に1月26日掲載(オンライン)された。

 研究は、日本漢字能力検定の受検データベースの分析から判明した結論「漢字能力は、読字・書字・意味理解の三つの側面から成る」を前提に、大学生の漢字の読字、書字、意味理解の能力と、基礎的な認知能力、言語的知識の習得度(ウェクスラー式成人知能検査の得点)、文章作成能力との関係性について統計的に解析した。

 その結果、漢字書字能力が高い人ほど、結果的に文章作成能力が高くなることが発見され、漢字能力の三つの側面のうち「書字習得」が高度な言語能力の発達と関連していることが分かった、という。この結果は、小学校から高校までの間の書字習得が、その後の高度な言語能力の発達にとって重要であることを示唆しているという。

 研究成果を発表した京都大の研究グループは「研究成果は、早期のデジタルデバイスの利用が漢字の書字習得に抑制的な影響を及ぼした場合、その影響は書字を必要としないさまざまな言語・認知能力の発達にまで及ぶ可能性を示唆している」としている。研究に協力した日本漢字能力検定協会は「学童期の漢字学習の重要性をさらに啓発するとともに、引き続き研究プロジェクトを支援していく」とコメントした。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

NY円、109円後半

【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク外国為替市場の円相場は…

地域

政治・国際

株式会社共同通信社