KLabが人気アニメ「ダンまち」のオンラインゲーム開発 Aimingと提携して制作、世界に配信へ

KLab×Aiming 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

 

 ゲームの企画・開発を手掛けるKLab(クラブ、東京都港区)は、オンラインゲーム制作のAiming(エイミング、東京都渋谷区)と提携して、人気テレビアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(略称「ダンまち」)シリーズのゲームを開発することを明らかにした。

 「ダンまち」は、SBクリエイティブのライトノベル「GA文庫」で2013年に刊行された大森藤ノ(おおもり・ふじの)さんの小説。小説を原作に15年、テレビアニメシリーズの第1期が放送され、19年には「劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか-オリオンの矢-」の公開と、テレビアニメ第2期が放送された。さらに、20年には第3期の放送、22年に第4期放送も決定しているという人気シリーズだ。

 KLabは、これまでにも漫画やアニメなど知的財産(IP)を原作にしたオンラインゲームの開発と配信を手掛けており、「ダンまち」のゲームを開発し、日本だけでなく世界に配信する計画だという。KLabは「開発の進捗(しんちょく)状況は、随時発表していく」としている。

 テレビアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」公式Webサイト:http://danmachi.com/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社