オルツ、3月24日に「クローンカンファレンス」開催 AIの最新技術をオンラインセミナーで公開

「オルツ・クローンカンファレンス2 – Hello World – 」

 

 人工知能(AI)を利用した技術開発を手掛けるオルツ(東京都港区)は、同社が開発したデジタルクローンに関する無料オンラインセミナー「オルツ・クローンカンファレンス2 – Hello World – 」を3月24日(水)に開催する。

 オルツはこれまで、AIクローンがアンケートに回答するデジタルアンケートシステム「Nulltitude(ナルチチュード)」や、会議の議事録をリアルタイムで文書化する「AI GIJIROKU(AI議事録)」、オンラインビデオ通話を介して多言語の通訳ができる「AI通訳」などを開発。このほど新たにデジタルクローンを開発し、セミナー当日「デジタルクローン version 1.0」として発表する。

 オルツは、人間の意思をデジタル化し、人間の作業をクローンが行うことを目的にした「P.A.I.(パーソナル人工知能)」の研究を進め、デジタルクローン技術を開発したという。当日は、デジタルクローンをインタラクティブ(対話形式)で体験できるサービスを発表する予定で、オルツは「身体を含めたデジタルクローンの最新技術は世界初といえるものだ」と強調している。「AI通訳」を使った多言語での配信を予定しているという。

 「オルツ・クローンカンファレンス2 – Hello World – 」は、3月24日(水)午後1時から3時まで。オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を通じて開催する。申し込みURLは; https://alt.ai/clone-conference/。申し込み期限は3月23日(火)午後3時。 

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社