自動運転車両の実証実験を開始へ ドコモ、先端技術を活用

NTTドコモ 「MOOX(ムークス)」「体験イメージ」

 

 NTTドコモ(東京都千代田区)は2月12日から19日まで、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で、「XR」(VR=仮想現実、AR=拡張現実、MR=複合現実)が体験できる自動運転車両を使い、「新しいモビリティ空間体験」の展示と「テーマパークにおけるエンタメ体験型の移動」の実証実験を行う。ドコモの先端映像技術と自動運転車両の組み合わせによる新たな価値創造などに挑戦する。

 愛知県の自動運転社会実装プロジェクト推進事業の一環だ。ドコモのほかトヨタ自動車やトヨタ紡織、JTBなども参画する。

 今回の実験は、公園内を走るトヨタ紡織の自動運転車両「MOOX(ムークス)」の車窓にゲームやライブ映像を配信。映像に連動して座席が振動したり、香りを感じたりする体験型サービスの提供を試みる。また夜間は、小型プロジェクターを搭載したムークスを園内に走らせ、光の中にキャラクターを出現させるプロジェクションマッピングに挑戦する。

 トヨタ自動車の自動運転車両「SQUAL(スクォール)」を活用する実験では、ドコモの技術を使い、車両搭載の3面窓型ディスプレーに愛知県内の観光施設や観光スポットを映し出す。臨場感たっぷりの観光施設や観光スポットを体感できる、という。ディスプレーからドリンクの注文も可能にする。ドリンクは小型の搬送用自動運転車両が届ける。

 2月13、14の両日は実証実験を一般に公開。自動運転車両の試乗体験イベントも開催する。試乗は両日とも午前8時30分から受け付け(先着順)。中学生以下の試乗は保護者の同乗が必要。ムークスの試乗は身長130センチ以上、スクォールの試乗は身長120センチ以上が必要。

 ドコモは「愛知県と2019年から自動運転の社会実装を見据えた実証実験を継続して実施してきた。先端技術によるモビリティー(乗り物)の新たな価値創造と、テーマパークや街全体をITでつなぐ次世代都市『スマートシティー』などでの新しい移動体験の提供を目指す」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社