チャットボット健康相談に「こころの不調や悩み」を追加 ティーペック、コロナ禍でメンタルに悩む従業員への新サービス

ティーペック チャットボット健康相談「こころの不調や悩みの相談」

 

 24時間電話健康相談などを行っているティーペック(東京都台東区)は、パソコンなどから健康の悩みを選択して回答が得られる、企業や自治体向けサービス「チャットボット健康相談」で、新たに「こころの不調や悩みの相談」を追加した。

 ティーペックは、看護師など医療スタッフに電話で健康相談をする有人対応のほかに、パソコンやスマートフォンなどを通じて相談できる「チャットボット相談」を企業などと契約。健康保険組合などを通じて従業員に無料でサービスを提供している。これまでは、出産・育児に関する悩みや女性の健康相談などのほか、季節限定で花粉症・熱中症・インフルエンザといった項目があった。

 コロナ禍が長引く中で、メンタルの悩みを抱える人が増えていることから、新たに「こころの不調」の項目を導入した。相談内容は「セルフケアについて知る」「カウンセリングについて知る」「こんな時、ストレスについて考えたい」といった分類の中から、自分に合った状態を選んで回答が表示される。

 最初から有人対応することをためらう人が、気軽に相談できるのが特徴で、適当な回答が得られなかったり、さらに詳しく聞きたかったりする場合は、医療スタッフにつないで相談することもできるという。

 ティーペックによると、新型コロナの影響が深刻化した昨年8月ごろから「死にたい」などという深刻な相談が増えているという。「リモートワークで環境変化があった従業員や、新入社員のメンタルサポートなどの利用が想定できる」としている。詳細は、下記サイト。

https://www.t-pec.co.jp/service/chatbot/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社